Back To Top

foto1 foto2 foto3 foto4 foto5
羽鳥だいすけのホームページへようこそ!

先日、というか昨年末のことですが、私が区議会で行った質問をしんぶん赤旗に取り上げていただきました。

税通知書にマイナンバー 情報漏えいリスク大 東京・中野区は不記載へ(2016年12月25日付)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-12-25/2016122501_02_1.html

この問題は、各事業者に郵送される住民税を給料から天引きするための「特別徴収税額の決定通知書」というものに、総務省がひな形を示してマイナンバーを記載するように“指導”しているというものです。この基になったのが、下の記事でした。アンケート回答結果を入手し、中野区の回答を見てみると、「マイナンバーは記載する」「記載された通知書は普通郵便で郵送する」としているではありませんか!?

170213 1

マイナンバー 本人の意思と無関係 役所が職場に郵送 漏えい・紛失の危険増す(2016年11月4日付)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-11-04/2016110415_01_1.html

役所から事業者に送る通知書に、必要もないのにマイナンバーを記載し、さらに普通郵便での郵送も可能というのが総務省の方針で、対応は自治体任せとなっています。

私は11月15日の区民委員会でこの問題を取り上げ、アンケートに回答した区の方針に変更はないのか質しました。マイナンバーが記載されていることによって、「普通郵便で送れば、紛失・誤配の危険が拭えない。かといって簡易書留で送れば、配達が間に合わないかもしれない。その上郵送費用も跳ね上がる(中野区の場合、4万件1200万円増)、という二律背反に追い込まれてしまっています。
質疑の中で税務分野の担当副参事から
① 郵便物の紛失等による情報漏洩
② 特別徴収義務者の事務への影響
③ 簡易書留での郵送を行った場合の配送に費やす受け取りまでの期間の増大
と、まさに赤旗記事が指摘していた点と一致する観点から改めて検討しているとのことでした。

そして最初に紹介した記事の通り、11月30日の区民委員会の中で、特別徴収税額通知書にはマイナンバーを記載しないことが報告されました。(報告のPDFデータはこちら

この中で区の方針として
① 区が個人番号を保有している納税義務者については、アスタリスクを印字
② 区が個人番号を保有していない納税義務者については、空欄とする
③ 特別徴収税額通知に区の対応に係る説明を記載し、特別徴収義務者からの求めがあったときは、個人番号を記載した資料を簡易書留で郵送する
④ こうした取り扱いを行った上で、通知書は普通郵便で発送する

方針の中の③は
・事業者にマイナンバーの提供を労働者が拒否していてもマイナンバーを教えることができる
・事業者がこのことよって知ったマイナンバーを別事務に使用した際の法違反の可能性を排除できない
・求めがある人を特別徴収義務書であると判断できない場合がある
など別方向の問題があります。ですが大事な答弁を勝ち取れたと思います。

自治体によっては「総務省の指導だから、必ず従わなければならない」としているところもあるようです。しかし、中野区議会では「地方自治法第245条の四に基づく技術的助言であり、この事務に関してどのような取り扱いをするかというのは各自治体の判断、決定すべき事項」と答弁しています。

また全国商工団体連合会が省庁要請を行い、
全商連が総務省にヒアリング=住民税特別徴収通知書「マイナンバー不記載でも自治体にペナルティーなし」(商工新聞2017年1月16日付)
http://www.zenshoren.or.jp/zeikin/chouzei/170116-02/170116.html
という大事な回答を引き出しています。

いずれにしても、国のマイナンバー活用推進の方針が自治体を大きく振り回していることを実感する出来事でした。

 

※ 追記(田村智子参院議員のFacebookページより転載)

東京保険医協会が東京の全自治体に対して行なった「住民税特別徴収通知書への個人番号記載に関するアンケート結果」についての写真を載せます。「法令通り」とする自治体もある一方で、個人番号を載せないとした自治体も多数あるようです。

16939342 791583710992809 7541531917395544824 n 16832097 791583717659475 8795745260973203318 n

 

170101
あけましておめでとうございます!

とは言ってももう小寒も過ぎてしまったので寒中お見舞いの時期ではあるのですが・・・。

今年もどうぞよろしくお願いします。年末年始は実家の群馬・高崎に帰省。羽を伸ばして日頃の疲れを存分にとることができました。

政治の大激動を作っていく年にしたいですね!

 
 
 
 
 
 
 
170109 1そして仕事始めも済ませてからかなり日も経ってしまいましたが、今日は中野サンプラザでの成人式がありました。
今年は2967人の方々が新成人を迎えられたということで、会場前で吉良よし子参院議員とともに心からのお祝いの言葉を送らせていただくとともに、政策を訴えさせてもらいました。

同時に行ったシール投票ではやはり「ブラック企業問題」「学費問題」に大きな関心が寄せられました。
「ブラック企業はマジで勘弁してほしい」
「奨学金を42歳まで返し続けないといけない」
「格差と貧困をそのままにしてしまったら、平和な社会にならないのではないか」
など、一つ一つの言葉に今の政治が作り出している生きることへの困難を感じました。若い世代が将来への希望をもって生きられる社会をつくるためにも、日本の政治の転換がどうしても必要です!170109 2

 

 

 

 

 

 

 

成人式が終わった後は中野原水協が取り組んでいる「69行動」に参加しました。核兵器禁止条約の交渉開始が国連加盟国の6割の賛同を得るなど、核兵器廃絶に道を拓く歴史的な時期です。核兵器廃絶を求める「ヒバクシャ国際署名」にもたくさんの方にご協力いただきました。

170109 3

 

今年もみなさんとともに全力で頑張っていきます! 一緒に誰もが希望をもって生きられる日本をつくるために力を合わせましょう!

今度の日曜日に対話のつどいを開催いたします。
中野駅前再開発のこと、西武線地下化のこと、平和の森公園再整備のことなど区政の焦点とともに、植木都議からは豊洲問題やオリンピック競技施設のことなども報告してもらいます。
「対話のつどい」ですので、みんなで語り合って作り上げるつどいにしたいと思います。どうぞお越しください!

 

日時:2016年10月16日(日) 午後2時~4時

場所:鷺宮区民活動センター3階洋室2号

参加費:無料

161016

先週から、2016年第3回定例会が始まりました。今回の定例会はいつものように一般議案とともに、2015年度(平成27年度)の決算についての審議も行う長丁場です。

その最初にある本会議の一般質問に立ちました。

 

項目は以下の通り

1.介護施策の充実について
(1)新総合事業について
(2)介護人材確保について
2.西武新宿線連続立体交差事業について
3.地球温暖化対策について
4.区有施設の充実について
(1)学校施設について
(2)公園について

160912 1


久しぶりの本会議質問でなかなかに緊張しました。引き続いて、総括質疑に決算審議です! 後程正式な議事録は出ますが、こちらに質問全文をご紹介しておきます。答弁は議事録出るまでないのです~。

160804 1 今日は長崎に原子爆弾が投下されてからちょうど71年になる日です。被爆者の平均年齢が80歳を越えた中で、核兵器の廃絶は緊急の課題です。
 今年は久しぶりに原水爆禁止世界大会に参加する機会に恵まれました。大学生の時以来なので、8年ぶりです。
 国連総会の場で核兵器禁止条約の交渉開始を求める決議が賛成多数で採択され、「ヒバクシャ国際署名」を全世界で数億筆の規模で集めようと提起されるなど、世界の流れは「核兵器を廃絶するかどうか」がさまられている状況にあると感じました。


160805 1分科会は「非核平和の自治体づくり」に参加しました。

様々な地域から寄せられる報告には

「33年間毎年平和都市宣言をするよう申し入れをしてようやく実った」

「首長交渉の中で、原爆パネルを公費で購入させる運動を行ってきた」など粘り強い運動があり、非常に励まされました。

同時に、「『平和のための戦争展』への後援撤回をしてきた」(奈良市)

「市役所ロビーでの原爆写真展を別の場所で行うようさせられた」(高松市)など、平和を求める運動に対する心配される動きが日本各地で起こっていることも報告されました。「平和」とはまさに勝ち取らねばならないものです。次世代に引き継ぎ、中野区の平和事業の拡充などにもぜひとも生かしていきたいですね。

160805 3 広島市主催の平和記念式典に参加し、黙とうを捧げました。今、ここにある日常がこれから先も続いていくことが当たり前に感じていますが、それを突如断ち切ったのが原子爆弾です。被爆者がファイナル署名と位置付ける「ヒバクシャ国際署名」を何としても成功させなければとの思いを強くしました。
 それにしても、安倍首相のあいさつは何なんでしょうか。「71年前に広島及び長崎で起こった悲惨な経験を二度と繰り返させてはならない。そのための努力を絶え間なく積み重ねていくことは、今を生きる私たちの責任であります」と言うのならば、
政府、核政策で米に協議要請 先制不使用に反対論(東京新聞7月15日付)
こういった二枚舌の対応は本当にやめていただきたいですね。安倍政権とのたたかいは核兵器のない世界を作るうえでも必至といえるでしょう。

160805 2

Real time web analytics, Heat map tracking

Copyright © 2017 羽鳥だいすけ Rights Reserved.